>

査定額を上げるためにできること

売る時のことも考えて安全装備をつけておく

現在はドライバーが安全に運転できるように様々な安全装備が開発されています。
それらの安全装備やオプション品は、後からでは装着しづらい場合もあるので初めからついていた方が査定価格がアップすることになるようです。

一定の期間をおいて車を乗り換えていきたいと思っているような場合は特に、売却する時のことも考えて自動車保険の掛け金にも影響しそうな基本的な安全装備は付けておいた方がいいかもしれません。
その車に乗っている間は、それがあることによって自分自身の安全も確保されるわけですから、決して無駄な出費ではないはずです。

さらにエアロパーツなどのオプション品が査定時にはどのように影響してくるかということも知っておきたいポイントです。
オプション品をつけてカスタマイズする場合は、売る時まで純正品も残しておいた方が高額査定につながるでしょう。

日頃から気をつけておきたいケアポイント

できるだけ屋根のある所に駐車するようにしておくことで、車を樹液や鳥などのフン害から守ることも大切ですし、海辺の強い塩分や雪道の除雪剤などに触れた時にはこまめに洗車して錆を防いでおくことが重要です。

査定の前に洗車をしたり車内の掃除をしておくことはナンセンスだという意見もあるようですが、きれいにしておくことで査定がしやすくなるというのは事実のようです。
それに愛着を持って大切に使用してきた車だということを査定員にアピールすることができれば、心象が良くなることは間違いありません。
査定員も人間ですから、コミュニケーションをしっかりとって円滑で誠実な対応を心がけることが査定に影響してくることもあるようです。


この記事をシェアする