>

車を売る時に注意しておきたいこと

高く売れる時期とは?

一年の中で車がたくさん売れるのは、大型連休や決算期といった時期だと言われています。
自動車販売店はそのような書き入れ時にそなえて在庫車両を増やしておく必要があるため、1~3月や9~10月は自然と買取価格も高くなっていくという傾向があるようです。
少しでも高く車を売りたいと考えるのであれば、そうした時期に狙いを定めて査定に出すことも一つの方法だと言えるでしょう。

また「再販価値」といわれるリセールバリューに注意してみるのも、車を高値で売るための秘訣です。
後継の新型車が発売されていないうちは、その車が最新型ということになるのでリセールバリューが高いはずですから、そのタイミングで買い取ってもらうことができれば高額査定が期待できるのです。

おすすめのタイミング

車検が残っているかどうかはそれほど大きな問題ではないと言われているようです。
そのため車検が切れそうであったとしても、売却するならそのままの状態で査定に出した方がお得だと言えるでしょう。

多くの人が「車検が残っていてすぐに乗れる状態の方が高く売れる」と思っているようですが、実際はその逆だと言います。
その車を買い取った中古車業者は、車検の有効期限が残っている間に少しでも早く販売しなければならないということになってしまいます。
車検がほとんど残っているという場合でも査定額はほんの少ししかアップしないと言いますから、評価額を上げようと車検を通したとしても赤字になってしまうだけかもしれません。

それならたとえ車検が切れていたとしても、そのまま売ってしまった方が得策と言えるでしょう。


この記事をシェアする